今日は何食べる?全国お土産日記

だんなさんの出張土産や大好きなデパ地下スイーツを中心に、美味しいものについて書いています。兵庫県在住の30代主婦。写真の多さにはちょっぴり自信あり。読んで下さった方が行って・買って・食べてを実際に体験したように感じられるブログを書いていきたいと思います☆

香港

台湾香港土産 京都念慈菴NIN JIOM(ニンジョム)のど飴が買える場所

こんにちは。

今日は書きそびれていた、だんなさんの香港出張土産のお話を。

昨年の9月に、仕事で初めて香港を訪れただんなさん。

でも、当時はデモ真っ只中。。

いろいろハプニングもあったようで、とても心配しましたが、無事に帰ってきてくれました。


★詳しくは、こちらご覧下さい。

 香港 屋台グルメ(九龍佐敦)
そんな香港出張のお土産。

職場とホテルの近場以外は動けず、あまり観光も出来ずお土産を購入するのも一苦労だったようで。

空港とホテル近くのコンビニで、お土産を買ってきてくれました。

その中のひとつにあったのが、こちら。



DSC_8120



一見何かわからなかったのですが、『のど飴』です

最初は何と読むのか、商品名すらわかりませんでしたが。。。

ガイドブックのお土産特集にも載っている、現地では有名な商品。



DSC_8840



『NIN JIOM』​と書いて、『ニンジョム』と読みます。

『NIN JIOM(ニンジョム)』は、香港の『京都念慈菴』という企業が販売する商品。

『京都念慈菴』は、香港・台湾で幅広く親しまれる喉薬の漢方薬メーカー。

1946年に香港で創業、1962年に台湾に進出し、60種類以上の漢方の処方品がドラッグストアやコンビニで販売されています。

日本でもテレビ番組で芸能人が紹介されていたりで、「のど飴」「びわシロップ」が人気です。






ちなみに、「京都」は古都の意味で、当時の北京を指すそうです。

ネットで検索すると、“台湾土産” で出てくることが多いこちらの商品。



出張中、ガンガンに効いた冷房にやられ、体調を崩しただんなさん。

のどを痛めてコンビニへ行き、『NIN JIOM(ニンジョム)』に出会ったそうです。

いろんなフレーバーがあるようですが、こちらは定番の「ハーブキャンディ(ハード)オリジナル味」



DSC_8122



​ビワなどの漢方をブレンドした、「ハードキャンディ」

原材料は、砂糖、ブドウ糖、ハーブ抽出物(ビワ葉・スイカズラ花・キキョウ根・リコリス根)/香料、着色料(カラメル)。

ハーブとメントールのスッとする味にアーモンドとオレンジの優しい甘みが加わりのどを爽やかにしてくれます。

こちらは「ハードキャンディ」で普通の飴タイプですが、「ソフトキャンディ」もあります。

そして、フレーバは、「アップル」「レモングラス」「スーパーミント」なども。



ちなみにこの缶、密閉度が非常に高く、かなり開けにくいです。。

この矢印通りに、まずは時計回りに回して、上に蓋を引っ張ります。



DSC_8123



力任せに、上に引っ張ったり、下に押したりしても、上手く開閉出来ません。

開ける時も、閉める時も、回しながら。

そして、ふたを開けると、こんな感じ。

半分以上、消費済みの写真で失礼します。。



DSC_8121



比較的、小ぶりでしょうか。

サイズは、1.5㎝(直径)×0.5㎝(高さ)

重さを量ると、1粒 3gでした。

他の飴と比べると、こんな感じです。



DSC_8839



この袋包みも、かなり密閉性あり。

開ける途中、ビリビリ破れてしまいます。。

中身はこんな感じになってます。



DSC_8864



肝心な味の方はというと。。

ものすごく恐る恐る食べたので、いい意味で拍子抜け。。。笑

なんだか杏仁豆腐を思わせるような、そんな風味。

後味にわずかに漢方っぽさはありますが、普通に美味しいです 

でも、日本では食べたことのない味。

食べ終わっても、口や喉には爽快感が強く残り、すっきりします。

日本のコンビニやスーパーで売ってるのど飴は、効果を感じられずほとんど買わない私。。

唯一買うのは、『龍角散』くらい。。

ですが、これはのどの違和感にすごく効きました 

この冬、「なんか調子わるいな」と思った時になめると、すぐなめるようにしていました。

そのおかげか、のどの弱い私も、今年は大事には至らず。

これ、もっとたくさん買ってきてほしかったな。。 笑

次回、香港に行く機会があれば、間違いなくリピートします

早くコロナが終息して、以前のように気軽に旅行に行ける時が訪れますように。。



~2020.4.25追記~

今日、カルディでこちらを発見しました

しかも、買いやすい20gの少量パック。

リーズナブルに、お試し出来ます。

ぜひ、チェックしてみて下さい



DSC_9028

DSC_9030

DSC_9029





☆旅行・おうちごはん・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。

 ~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に

















香港 屋台グルメ(九龍佐敦)

こんにちは。

先日の「香港グルメ 金陵湯包で晩ごはん」に引き続き、香港グルメのお話を。

9月に香港出張へ行っていただんなさんとの、共同執筆です

今日は、香港の『屋台ごはん』について。

場所は、「佐敦(ジョーダン)駅」から徒歩数分。

ネイザンロード西側、「男人街(ナムヤンガイ)」の屋台街で有名な「廟街(ミウガイ)」を東に通り一本ずれたところ。

「南京街」「呉松街」の交差するあたりにあります。

廟街といえば、『香辣蟹』というお店が有名なようですが、訪れたのは『Ming Fat Spicy Crabs (鳴發川辣蟹)』

なんとなんと、「食べログ」もありました!!


9月のある夜、現地在住の方の案内で、10名以上で訪問しました。

時間は19~20時頃。

屋台などの似たような小さなお店が集まる場所で、かなり賑わっています。

このあたりでは、いろんなお店で客引きをしています。

こちらのお店は、特に客引きがすごい。。。

一応、他のお店も見ましたが、どこも満席。

10名以上の大人数で入れるお店が限られたのと、現地在住の方が何度か訪れたことがあるということで決定。

お店の方に、半ば強引に導かれるまま着席しました。。

メニューの品数は、非常に豊富。

一部になりますが、こちらがメニュー表です。



IMG01021


IMG01023


IMG01025


IMG01026


IMG01029


IMG01028


IMG01027


IMG01024


IMG01022



大人数だったので、誰が何を頼んだのか、よくわからない状態。。

だいぶお酒も入っていて、なんとも曖昧な記憶ですが、料理の写真がこちらです。



↓アスパラの炒めもの。ピリ辛。

IMG01013



↓貝(ホッキ貝?)の炒めもの。甘辛。

IMG01014



↓20㎝くらいのシャコ。身はプリプリ。分厚く固い殻は、手で剥いて。タレ等はつけずに食べます。

IMG01015


IMG01038 (2)



↓麻婆豆腐。

IMG01016



↓叉焼。

IMG01035



↓ハマグリの炒め物。貝の味が濃厚。

IMG01017



↓鶏肉は骨付き(骨だらけ)。香辛料の味が強烈。炒めものではなく、茹でor蒸し系。タレにつけて食べる。

IMG01021_HDR



↓これは食べてないので、何か不明。。。

IMG01036



↓炒麺。ソースではなく、醤油系の味付け。

IMG01039



↓炒飯。日本の炒飯と同じような味付け。

IMG01040



一番美味しかったのは、『炒麺』

逆に受けつけなかったのは、とにかく香辛料の匂いがきつかった『鶏肉』

インパクト大だった『シャコ』は、殻が向きにくくて、手が油でベトベトに。。

そればかりに意識がいってしまい、肝心の味の印象は薄いです。。。

屋台料理は全般的に美味しかったですが、感動するような内容ではなく、雰囲気を楽しむ感じです。

お店の向かい側には、こんな生け簀があります。


IMG01030


IMG01033


IMG01032



訪れた屋台は、この写真(上)の奥、緑のビニルテントが張ってある下。



IMG01020_HDR


IMG00004_HDR (2)



オレンジ色の座席がある場所です。

雨が降っていたので、雨音がすごかったです。

帰り道、手前左にあるお店で、男ばかりで流行りのタピオカドリンクを飲んで帰りました。笑



IMG01042_HDR (2)


IMG01042_HDR (2)


IMG01044_HDR


IMG01045_HDR


IMG01048


IMG01043



↓タピオカミルクティ

IMG01049



↓紫芋味のドリンク

IMG01053 (2)_LI



香港の屋台街は、お店が減ってきているようですが、現地のディープな雰囲気や、活気が感じられた夜でした。



IMG00003_HDR


IMG01019_HDR


IMG01052_HDR


IMG01041


IMG01051_HDR



若い女性は見かけなかったので、女子旅などには、あまり向かないかもしれません。

何かのご参考になれば幸いです。




↓おおよその場所です。若干のズレがある可能性があるので、ご了承下さい。









☆旅行・おうちごはん・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。


~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に




香港グルメ 金陵湯包(九龍佐敦)

こんにちは。 

少し前の 9月、デモのニュースが連日飛び交う中、香港出張に行っていただんなさん。

とても心配しましたが、無事に帰国。

色々と大変だったようですが、お仕事の合間を縫って、美味しいものも満喫出来たようで。

たくさん写真を撮ってきて、お土産話を聞かせてくれました。

せっかくなので、独り占めするのももったいない。

どなたかのお役に立てればということで、今日はだんなさんの代理レポ、共同執筆です

先日も、日本食が恋しくなっただんなさんの、香港の寿司屋店巡りについて書きましたが、今回はご当地グルメを。

お仕事の関係上、観光はもちろん、食事もなかなか自由に行動出来なかったようですが。。

そんな中でも、現地の方の案内で、香港グルメを楽しむことが出来たようです。

この日、訪れたのは、『金陵湯包』



KIMG0216



場所は、「佐敦駅」からすぐ近く。

ネイザンロードから西へ1本入った、「白加士街」沿いにあります。

実際に食べてきたのに、お店の名前が読めないという。。笑

せめて意味だけでもと、ウィキペディアを中心に調べてみました。


「金陵(きんりょう)」・・・南京(なんきん)の古称、また、雅称。

「湯包(タンバオ)」・・・湯包は中国開封市発源の著名な 包子。小籠包と異なるのは、小龍包より一回り大きく、スープの味に重点を置く。一部の店で出される湯包はストローを使って中のスープを飲む。



『包子』って何?ってレベルなので、またまた調べます。。笑



「包子(パオズ)」とは

包子(パオズ)は中国の 点心 の一種。

小麦粉の生地を蒸して作る伝統的食品で、通常、中に具を包んでいるものを「包子(パオズ)」といい、中に具のないものを「饅頭(マントウ)」と称して区別する。

日本では中華まんという名称で普及している。


~作り方~
通常は生地は小麦粉に水を加えてこね、発酵済みの生地、または酵母を加えて寝かし、発酵させて作る。生地で中に入れる具や餡を包み、通常は半球形に成形し、蒸籠で蒸して作る。
大きさは中身の大きさにもよる。
最小のものは上海市の小籠包である。
通常の中身は、肉類、野菜、漬け物、小豆餡、ゴマ等で、有名なものに広東省の叉焼包、天津の狗不理包子、上海の灌湯包がある。
生地に、黒ゴマ、サツマイモ、カボチャなどを練り込んで着色する場合もある。


~具による名称の違い~
豚肉(肉包)
ロバ肉(驢肉包)
チャーシュー(叉燒包)
白菜など(菜包)
ニラ(韮菜包)
モヤシ(豆芽包)
小豆餡(豆沙包)
ハスの実(蓮蓉包)
カスタードクリーム(奶黄包)


じゃあ、『点心』って何?ってことで、さらに調べます。。笑



「点心(テンシン)」とは

​​​点心(テンシン)とは中華料理の軽食の総称

菜(中華料理の主菜)と湯(中華スープ)以外のものを指す。


~概要~
「点心(てんしん)」という名前は、禅語『空心(すきばら)に小食を点ずる』からきたという説や、心に点をつけることから心に触れるものと言う説がある。
明確な定義はないが、食事の間に少量の食物を食べることなので、菓子や間食、軽食の類いは全て点心と呼ばれる。
中国の朝食は点心ですまされる事が多い。
日本には室町時代に伝来し、朝食と夕食の間に食べる箸休めの品とされた(当時は1日2食が普通だった)。
茶を飲みながら点心を食べることを飲茶(ヤムチャ)という。


~種類~
​​中華点心は、味によって「甜点心(カンテンシン)」「鹹点心(ハンテンシン)」の2つに分けることができる。

甜点心・・・甘味のある点心を指す。皮で餡などを包むものからプリンのようなものまで色々ある。
例)豆沙包子(あんまん)、月餅、  杏仁豆腐(アンニンドウフ)、 芒果布丁(マンゴープリン)、蛋撻(エッグタルト)

鹹点心・・・塩味の点心のことであるが、甘くない点心であり必ずしも塩味に限らない。茹、蒸、揚と色々な調理法がある。
例)餃子、焼売、包子(パオズ)、春巻き、腸粉


​​​
​​
長々とお付き合いいただき、すみません。。

やっと、なんとなくわかった気がします。

ではでは、話を戻して。。。



訪れたのは、18時頃。

小籠包が食べたくて、お店を探していましたが、満席のお店が多くお店探しに苦労しました。

そんな中、偶然見つけたのが、こちらの『金陵湯包』でした。

すぐ近くには、屋台街で有名な男人街(ナムヤンガイ)の『廟街(ミウガイ)』がありますが、こちらは屋台ではなく、ちゃんとした飲食店。

とはいえ、敷居の高い感じのお店ではなく、カジュアルなお店です。

入店すると、先客は数組のみで、まだかなり空いていました。

メニュー表記は、全て「中国語」

この時は、現地の方がおらず、だれもメニューを読めなかったので、漢字から想像して適当に注文しました。

注文時の会話は、こちらも店員さんもカタコトの英語とジェスチャーで。

あてずっぽうに頼んだら、一番食べたかった『小籠包』になかなか辿り着かず。。

あげく、なぜか大盛の白米付きの『定食』が出てきたりも。。。笑

しびれを切らして、店内に貼ってあったポスター?写真?を指さして伝えると、やっと念願の小籠包が出てきました。



KIMG0213


KIMG0214


KIMG0215


KIMG0217


KIMG0218

​​
KIMG0219 (2)_LI



お酒も進んでいて、記憶が曖昧なので、わかる範囲で調べてみました。



◎嘉士伯(罐)・・・ビール(缶)
◎金陵湯包(4隻)・・・小籠包(4個入)
◎上海春巻
◎鮮肉鍋貼・・・肉の焼き餃子 ※鍋貼で焼き餃子
◎韭菜水餃・・・ニラ水餃子
◎麻婆豆腐
◎XO醤炒牛肉(客飯)・・・牛肉のXO醤炒め定食
◎柚子茶(熱・凍)
◎翡翠蝦肉湯包・・・緑色のエビ包子
◎黑松露湯包・・・黒トリュフ包子
◎五香牛展・・・?
◎招牌ビャンビャン麺・・・“定番・おすすめ” のビャンビャン麺(幅広麺)
◎酸菜魚麺・・・酸菜魚(サンツァイユー)の麺
※酸菜魚は四川料理の一つ。ソウギョなどの魚と、四川省で「酸菜」と呼ばれる青菜の漬物をトウガラシ、花椒と一緒に煮たもの。



この日は 5名で行ったので、結構な量と種類を食べました。

レシートにある『(客飯)』、調べてもわからなかったのですが、山盛りの白米付きで出てきたので、定食(セット)と思われます。

ビール(嘉士伯)はグラスではなく、缶ビールでした。

『嘉士伯』とは、カールスバーグ(デンマークのビール醸造会社及びそのブランド名)の中国での漢字名ブランド。

色々とハプニングもありましたが、どれを食べても非常に美味しくて感動でした。

男性 5人がお腹いっぱい飲み食いして、979HK$

1HK$ ≒ 14円だったので、日本円にしたら、約 13,706円

1人 2,700円ほどで、これだけ食べられて大満足

とてもおすすめのお店です。












☆旅行・おうちごはん・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。


~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に





台湾の寿司チェーン店 争鮮(そうせん) in香港

こんばんは。

先日から引き続き、今日もだんなさんの香港代理グルメレポ。

共同執筆の第三弾です。

先月、デモのニュースが連日飛び交う中、香港出張に行っていただんなさん。

日本食が恋しくなり、大好きな寿司屋巡りをしたそうです。

今日は、​日本でもお馴染みの『元気寿司』『スシロー』に続き、台湾の寿司チェーン店、『争鮮(そうせん)』のお話です。

私も、だんなさんのお土産話を聞くまでは、全く知りませんでした。

『争鮮(そうせん)』とは、1996年設立の、台湾最大の寿司ブランド

中国、香港、シンガポール、タイなどでも、400店舗以上を展開する会社です。

「イートイン(回転寿司)店」と「テイクアウト店」ともに、香港だけでもかなりの店舗数があるようです。

だんなさんが訪れたのは、『争鮮(そうせん)』の『旺角店(モンコック店)』



KIMG0196



場所は、女人街の近くで、地上一階にあります。

お昼時で混雑しており、ウエイティングで5人くらいが待っていました。

お店の右半分が「テイクアウト」、左半分が「イートイン」とわかれています。

テイクアウトのお寿司も、珍しいネタも多く、種類豊富にありました。



KIMG0197


KIMG0173


KIMG0172


KIMG0170


KIMG0175


KIMG0176



お刺身があるのが、面白いですね。

前述の『元気寿司』『スシロー』と同様に、こちらでもサーモンネタが豊富でした。

そして、いよいよ入店。



KIMG0198


KIMG0201


KIMG0200



店内に入ると、上下二重レーンが一本のみ。

お寿司は上のレーン、ドリンクやデザートは下のレーンを流れています。

席はテーブル席やボックス席はなく、全て『カウンター席』

座席数は、20席ほどでしょうか。

こじんまりした店舗です。

お茶は、『元気寿司』『スシロー』の “粉末緑茶” とは違い、“ティーバッグ” です。



KIMG0202



お箸はこちらも、割り箸ではなく、“黒のプラスチック箸” 。

肝心のお寿司は、見た目はサイズ感もネタの厚さも、日本の回転寿司店と大きな差はありません。



KIMG0203



ただ、一口食べると、シャリが冷たくて固い。。

それがかなり衝撃的で、ネタの感想があまり明確に思い出せません。。

日本のシャリは冷たくはないので、日本人の味覚からすると、正直なところ、あまり美味しくは感じないかもしれません。

寿司ネタは、軍艦で辛いネタが多いのが印象的。

コチュジャンなどの、唐辛子系の辛さです。

『争鮮(そうせん)』の魅力は、とにかく安いこと。

一貫、3~5HK$の価格帯が多いです。

デザートメニューもありましたが、どちらかというと、あまり好みではありませんでした。

こちらは、チョコレートケーキかと思いましたが、食べてみるとチョコレートムース。




KIMG0204




2層になってますが、下はスポンジではなく、ムースの周りをチョコレートでコーティングしてあります。

中身は全てチョコレートムース、そして上にはたっぷりのココアパウダー。

甘いものは得意な方ですが、それでもかなり重かったです。。

食事をしていて困ったのが、​“紙ナフキン” ​や ​“おしぼり” ​がなく、手が拭けなかったこと。

お願いすれば頂けるのかもしれませんが、テーブルには置いてありませんでした。

お会計は、他店と同じで店員さんがカウントしてくれ、そのままレジに持っていくスタイルです。

初めての海外寿司店、いい経験になりました。







☆おうちごはん・旅行・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。

~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に
 






スシロー in香港 1号店(佐敦店)

こんにちは。

今日も先日に引き続き、だんなさんの香港代理グルメレポ、共同執筆です。

先日、香港出張に行っていただんなさん。

日本食が恋しくなり、大好きな寿司屋巡りをしたそうです。

今回は、​『元気寿司』に続き、香港の『スシロー』のお話です。

訪れたのは、今年の夏のオープンしたばかりの1号店(佐敦店)



IMG01008



​場所は、九龍の大通り、ネイザンロード沿い、商業施設「彌敦坊」の2階です。

ビルの大型ビジョンに、スシローの映像がずっと流れていました。



IMG01013_HDR



開店30分前に行きましたが、ビルの入口には、既に20組ほどの列が。

開店時間には50組くらいまで増えていて、大繁盛している様子が伺えます。

11時になると、いよいよ開店。

エレベーターもありますが、皆、階段で2階へ上がります。

お店に入ると、店内は真新しく広々としています。



KIMG0113


KIMG0114_LI


KIMG0116_LI


KIMG0117



​レジの後ろには、日本でも見かける “ぬいぐるみ(抱っこずし)” がたくさん陳列されていました。



KIMG0123



​広い店内には、レーンが三列に並んでいます。



KIMG0126


KIMG0130


KIMG0125



店内はかなり広々としており、ボックス席とカウンター席があり、おひとり様でも問題ありません。​

​機械システムは、開店したばかりのせいか、日本で見かけるスタイルとは少し勝手が違います。

通常レーンの上に、“オーダー用レーン” があり、注文したテーブルの中にまで入ってきてくれる、何とも便利な最新の設備が導入されています。
​​​​​セルフのお茶は、『元気寿司』と同様の、 “粉末のお茶” 。

お湯は押すタイプではなく、ひねって出すタイプ。

お箸は、割り箸ではなく、“黒のプラスチック箸”。

おしぼりは、スシローのロゴ入り。



KIMG0145



日本と同様に、「ガリ」もあります。

そして、一番驚いたのが「ドリンクバー」



KIMG0128


KIMG0129


KIMG0127



香港のスシローには、なんとドリンクバーがあります。

価格は、17HK$なので、日本円で 約238円

このドリンクバーは、頼んでも頼まなくても、どちらでもOK。(だんなさんは頼んでいません)


​オーダーは、「タッチパネル」です。



KIMG0131



中国語・英語の他、日本語表記もありました。

​​​食べたのは、「マグロ」「鯛」「ハマチ」「サーモン」を中心にいろいろと。



KIMG0140


KIMG0132


KIMG0138


KIMG0143


KIMG0146



値段は1皿、12HK$~ 27HK$

香港ドルは、この時で、1$ ≒ 14円

日本円では、おおよそ 168円 ~ 388円

12HK$のメニューの割合も多く、非常にリーズナブルな価格設定です。

メニューの数も、かなりたくさんありました。



IMG01006 (2)



こちら(写真右)の『花の恋』のような、香港限定メニューも。



KIMG0144



ちなみに、この『花の恋』とは、日本ではなく中国のお寿司。

調べてみると、こんな記載がありました。


【花の恋】
丸い寿司酢飯。
サーモン刺身をいくつか包み、サラダドレッシングを真ん中に入れてから、カニの種(トビウオの卵)をその上に置き、刺身刺身の端をgentlyのように優しく開きます。
この寿司の名前は「花の愛」と呼ばれ、香港の寿司レストランではほぼ必須の寿司。
材料は、サーモン50g・寿司飯・少量のカニ・少量のサラダドレッシング。


香港流の寿司文化があり、それと日本の寿司店が上手く調和しているようで、面白いですね。


少し話が逸れましたが、スシローのわさび・醤油・緑茶(粉末)はオリジナル製品のようで、味も日本と同じ、違和感もありません。

ネタの厚さやシャリの大きさも、日本と同じくらい。



KIMG0133


KIMG0139



日本のスシローで食事をしているような気分になりました。
​​
​お会計は、タッチパネルで呼び出し、店員さんにお皿をカウントしてもらいます。

渡されたものをレジまで持っていって、お会計をします。



KIMG0124



写真に写っているのは、「Octopus(オクトパス)」という、SuicaなどのようなICカード。

もちろん、クレジットカードでも支払いでします。

携帯アプリがあり、そちらで予約も出来るそうですが、なんと2ヶ月先まで予約が埋まっているとのことでした。

特に店員さんと直接会話する必要はありません。

香港では、観光客は  “英語” が基本になるので、英語が苦手でも大きな問題はなさそうです。

前回書いた、『元気寿司』に比べると、ネタの厚さは劣りますが、リーズナブルさ、品数の多さ、広さ、設備の新しさなど、満足感は大きかったです。

商業施設内の店舗のせいか、お手洗いも、ホテル並みにキレイな設計で快適でした。

行列必至ですが、香港で日本のお寿司が恋しくなったら、おすすめです。​


だんなさんの香港グルメ代理レポ、この後も「争鮮」「屋台」「ホテル」などに続く予定です。

ご興味ありましたら、お付き合い下さい。




★香港の『元気寿司』は、こちらをご覧下さい。

元気寿司 in香港




☆おうちごはん・旅行・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。

~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に









プロフィール

shine_mylife

だんなさんの出張土産や大好きなデパ地下スイーツ、旅行グルメを中心に、全国の美味しいものについて書いています。兵庫県在住の30代主婦。だんなさんと仲良く2人暮らしです。写真の多さと詳しさにはちょっぴり自信あり。何かのご参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
広告
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ