今日は何食べる?全国お土産日記

だんなさんの出張土産や大好きなデパ地下スイーツを中心に、美味しいものについて書いています。兵庫県在住の30代主婦。写真の多さにはちょっぴり自信あり。読んで下さった方が行って・買って・食べてを実際に体験したように感じられるブログを書いていきたいと思います☆

神奈川

鎌倉レ・ザンジュ プティ・フール・サレ チーズが濃厚な塩味クッキー

こんにちは。

急に寒さが戻ってきて、まだ冬用のコートが手放せません。

日差しには、春の気配を感じるのですが、朝晩は特に寒くて仕方ありません

待ち遠しい春本番まで、もう少し我慢ですね。。



さてさて、今日は友人にもらった、鎌倉土産のお話を。

今回、初めて頂いた、鎌倉レ・ザンジュの、『プティ・フール・サレ』です。




DSC_2334




ここ最近で、一番のヒットじゃないかと思う程、美味しくて美味しくて

今、一番のお気に入りです。




「甘くないクッキーだから、お酒のお供にしてね」と言っていた友人。

甘くないクッキーは、普段なかなか自分では選ばないので、興味深々で開封しました。




DSC_2336


DSC_2338




湘南鎌倉の塩とフランス産ゲランド塩をブレンドした、塩味のクッキー。

日本経済新聞「ワインと絶妙おつまみ菓子」、第9位(平成28年11月5日付)に選ばれたこともあるそうです。

そして、鎌倉市商工会議所の「かまくら推奨品」にも登録されたという、こちらの『プティ・フール・サレ』。

それを聞くだけでも、期待で胸が高鳴ります。



中身は、バジルドライトマト&オレガノレッドチェダーチーズゴーダチーズ、の4種類。

実は私、甘くないクッキーはちょっぴり苦手だったのですが、これはほんのり甘くて、塩加減と甘さのバランスが絶妙​

サクほろというより、“ほろほろ”という方がピッタリな、繊細な柔らかさ。

そっと持たないと、すぐに割れてしまいそうな感じです。

​チーズとバターの風味が濃厚で、もう手が止まらなくなる美味しさ

私は、ドライトマト&オレガノが一番お気に入りです。

先日、両親が我が家に遊びに来ていたので、こちらのクッキーも添えて、一緒にお茶をしました。




DSC_2339




いろんな種類を、ちょっとずつ食べたいのは、母譲りです。

コーヒーや紅茶にもよく合いますが、ワインやシャンパンにも絶対合うはず。

大事にちびちび食べているので、残りは休日にだんなさんと一緒に頂こうと思います。

今回、初めて知った、『鎌倉レ・ザンジュ』

HPを見ると、鎌倉本店西鎌倉店も、とっても雰囲気あるオシャレな洋菓子店です。

鎌倉は何度か訪れましたが、今まで知らなかったのが悔やまれます

次回は絶対寄ってみたいと思います。

オンラインショップがあるので、恐らく、待ちきれずにネット注文することになりそうですが。。笑

ちなみに、このプティ・フール・サレ、2019/2/28~2019/3/31まで、春の感謝祭期間限定20%OFFになってます。

ご興味ある方は、ぜひぜひチェックしてみて下さい。

とてもおすすめです







【プティ・フール・サレ】
日持ち:概ね2週間
原材料:小麦粉、バター、粉糖、アーモンドパウダー、セミドライトマト(トマト、キャノーラオイル、ガーリック、オレガノ、食塩)、乳製品、チェダーチーズパウダー、ゴーダチーズパウダー、卵、
バジルソース(植物油脂、バジル、パセリ、チキンエキス、乳脂肪加工品、食塩、でん粉、あさりエキスパウダー、 香辛料、粉末しょうゆ)、塩、オレガノ、バジル、パブリカ、香料、酸化防止剤(茶抽出液物、ビタミンE)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、香辛料抽出物
特定原材料等:乳、小麦、卵
価格:・1缶1,620円(税込)/2缶セット3456円(税込)/プティフールサレ&ソフトクッキーのセット
(AS-11)3,564円(税込)
販売期間:通年
販売場所:鎌倉本店、西鎌倉店、ラトリエ工房、藤沢店(藤沢さかい屋1階)



☆おうちごはん・旅行・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。


~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に








鎌倉豊島屋 鳩サブレー

こんにちは。

今日、ご紹介するのは、鎌倉土産の定番中の定番。

鎌倉豊島屋さんの鳩サブレー』です。






IMG_6317



IMG_6318



IMG_6319





鎌倉土産として神奈川県内だけでなく、東京駅・羽田空港・都内有名百貨店でも販売されているので、東京土産といったイメージも。

そんな「鳩サブレー」は明治生まれ。

発売・製造元の豊島屋は、明治27年(1894年)鎌倉で誕生し、以来100年以上、地元のみならず、全国で愛される和菓子屋さんです。

鳩サブレーの原点は、豊島屋の初代店主が、外国人からもらったビスケット

新鮮なバターをたっぷり使用したお菓子ですが、開発当初はバターが使われていることが分からず、それを発見するまで、とても苦労したそう。

鳩の形になったのは、初代店主が崇敬した、鶴岡八幡宮の掲額の「八」が鳩の向き合わせであることや、宮鳩がたくさんいることに由来すると言われています。

また、当初、2本だった鳩の尻びれは、尻尾が太く見えるという理由で3本になったとのこと。

そして、鳩サブレーは明治時代末期の発売当初には「鳩三郎」とも呼ばれていたそうです。

何気なく食べているお菓子も、その歴史を知ると、なんだか感慨深いですね。

我が家は、大丸東京店で購入することが多いです。

以前、鎌倉の本店に立ち寄ったのですが、一面白壁のミュージアムのような立派な建物に、圧倒された思い出が。。

2階には資料館のようなフロアもあり、お店の歴史などを知ることが出来ます。

本当にミュージアムかと思うような、雰囲気ある場所です。

あと、本店ならではのオリジナルグッズが、とっても可愛い

消しゴムやペンやクリップ、付箋やカードなどの文具から、マグネットやキーホルダー、ミラーまで、バリエーションも豊富です。

どの商品も、鳩サブレーがモチーフになっており、子供さんにも喜ばれそうな、可愛い商品ばかりです。

私も母へのお土産に購入しました。

この鳩サブレー、1枚がかなり大きくて、ボリュームがあるのも魅力の一つです。

会社で働いていた頃は、鳩サブレーをお土産にすると、食欲旺盛な後輩ちゃんたちに、とても喜ばれました。

ただ、少し湿気やすいので注意が必要です。

賞味期限内であっても、早めに食べることをおすすめします。

バターたっぷりなので、夏場は、冷蔵庫に入れた方がいいかもしれません。
(個包装の裏面を見ると、原材料は小麦粉・砂糖・バター・卵・膨張剤と、至ってシンプル)

我が家は、自宅用には写真の簡易箱入りを買いますが、ギフト使いには、缶入りの方がいいかもしれないですね。

取扱店は限られますが、生菓子(和菓子)もあります。

サブレーなので、ずっと洋菓子のお店だと思っていたので、驚きました。

観光客でとても混雑していますが、鎌倉に行かれた際は、ぜひ本店・直営店をチェックしてみて下さい。

万人受けする、バターの風味豊かな、優しい甘さの鳩サブレー。

我が家の帰省土産の定番の一つです。




【鳩サブレー】
日持ち:製造日より40日
原材料:小麦粉・砂糖・バター・鶏卵・膨張剤
特定原材料等:乳・卵・小麦
エネルギー:133kcal(1枚当り)
(たんぱく質 1.6g/ 脂質 5.2g/ 炭水化物 19.4g / 食塩相当量 0.15g)
価格:5枚入(手提げ)/税込648円 9枚入(箱入り)/税込1,080円 18枚入(缶入り)/税込2,160円
販売期間:通年
販売場所:直営店(本店・支店5店舗)、首都圏近郊の主要百貨店、羽田空港、他




☆おうちごはん・旅行・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。

~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に








プロフィール

shine_mylife

だんなさんの出張土産や大好きなデパ地下スイーツ、旅行グルメを中心に、全国の美味しいものについて書いています。兵庫県在住の30代主婦。だんなさんと仲良く2人暮らしです。写真の多さと詳しさにはちょっぴり自信あり。何かのご参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
広告
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ