こんにちは。

関西の人気土産といえば、やっぱり『551蓬莱』

大阪みやげのイメージが強い豚まん(肉まん)ですが、京都にも常設店が5店舗あります。

そのうち、四条烏丸から一番近い最寄り店が「京都大丸店」


テイクアウトメニューは?

イートイン(レストラン)はあるの?

チルドの取り扱いは?


などなど、阪急電車と地下鉄が交差する場所とあって、観光客も気になることがたくさんあります。

ということで、実際に行って調べてきました!!

お店の場所や営業時間なども、このブログで詳しくご紹介したいと思います



さっそくですが、こちらが「京都大丸店」。

売り場は、比較的こじんまりしたスペースです。



20220625_113911(1)



場所は、京都大丸店の地下1F(B1)。

位置的には フロアのちょうど真ん中あたり 、かつ 東エスカレーター降りてすぐ目の前

地下からの行き方は、地階四条西入口から入り直進して「アンテノール」で右折すると分かりやすいです。

551蓬莱の向かいには、「いとはん」があります。




京都大丸店
引用:大丸京都店フロアガイド(B1)



お店の前では、L字型のカウンターに沿って列に並びます。

待ち時間には、ガラス越しに豚まんを作る作業を見ることもできます



20220625_113814(1)



そんな京都大丸店の営業時間は、10:00~20:00

定休日は、“1月1日のみ休業(百貨店に準ずる)”

そして、気になるメニューは テイクアウト(持ち帰り)のみ。

「レストラン(イートイン)」や「お弁当」の取り扱いはありません。

商品は、「豚まん」「焼売」「エビ焼売」「焼き餃子」「ちまき」など定番はもちろん。



20220625_113833

20220625_113826



地元関西人に人気の「甘酢団子」や、夏季には「551冷麺」も販売されていました。



20220625_113801



また、何を買おうか迷った時に便利なセット商品も

「焼売・エビ焼売食べ比べセット」「おすすめお手軽セット」などがあります。



20220625_113743
※写真は、2022年6月時点の内容です。



そして、京都大丸店では チルド商品の販売はなし

現在、京都でチルドが買える店舗はありません



【京都大丸店】
営業時間:10:00~20:00(百貨店に準ずる)
取り扱い:テイクアウト
チルド:なし
アイスキャンデー:あり
定休日:1月1日のみ休業(百貨店に準ずる)
駐車サービス:あり


■■ メニュー(例)■■
◎豚まん
 2個入 ¥420
 4個入 ¥840
 6個入 ¥1,260
 10個入 ¥2,100
◎焼売
 6個入  ¥450
 10個入 ¥750
◎エビ焼売
 12個入 ¥660
 20個入 ¥1,100
◎焼餃子
 10個入 ¥360
 15個入 ¥540
◎551ちまき
(海鮮・豚肉くり・鶏うずら)
 3種 各1個¥390
◎甘酢団子
 10個入 ¥380

※2022.10時点価格




ちなみに、京都大丸店から一番近いのは河原町にある「京都髙島屋店」

髙島屋には レストランお弁当 もあります。



20220624_174158(1)




四条烏丸と河原町は、近くはないですが十分に歩ける距離。

レストラン・お弁当をご希望の方は、ぜひ足をのばしてみて下さい



【551蓬莱】京都高島屋店に行ってみた!テイクアウト・弁当・イートインメニューまとめ




なお、551蓬莱の商品は2022年9月に “価格改定(値上がり)” がありました。

通販の詰め合わせもリニューアルして、以前より1セットでより多くの味を楽しめる内容に変わっています

はたして、豚まんはいくら高くなったのか?!

詳しくは、別記事でまとめています。

よければこちらものぞいてみて下さい



はたして、豚まんはどれくらい高くなったのか??

よろしければ、こちらものぞいてみて下さい👇


【551蓬莱】価格改定で値上がり! 豚まんの値段はいくら高くなる?




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

どなたかのお役に立てれば嬉しいです。

どうか素敵な旅やお買い物ができますように



もしよろしければ、「拍手」や「コメント」お願い致します。

日々の励みになります



☆旅行・おうちごはん・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。

 ~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に