こんにちは。

3度目の緊急事態宣言の中、コロナ禍で旅行に行けなくなって早1年半が過ぎました。

旅行が一番の楽しみの私は、フラストレーションを通り越し、すっかり無の境地です・・・

そんな最近の小さな楽しみが、旅行代わりのご当地スイーツ検索。

なかなか食べられなくなった、大好きなご当地土産。

そんなひとつが、明月堂の『博多通りもん』です。



DSC_9886

20200208_162741



博多西洋和菓子として、「明月堂」を代表する商品。

いわずと知れた大人気の博多土産です。






長年リピートを続ける中、過去にはこんな “期間限定通りもん” との出会いもありました
(詳細は過去ブログをご覧下さい)



幻の博多通りもん 空港限定5色のフルーツ味


20200208_162458

20200319_161712

DSC_9335



明月堂の紅ちゅらまん 那覇空港で買える沖縄通りもん


DSCN4066

DSC_1909



博多西洋和菓子として誕生した通りもんですが、ジャンルとしては “ミルク饅頭”

他にも似ているお菓子がありそう…ということで、さっそく探してみました。

似ているとよく名前があげられるものもいくつかありますが、その中で私が食べたことがあるのはひとつ。

大阪にある青木松風庵の「月化粧」です。




通りもんとよく比較される、『月化粧』

大阪府堺市に本店があり、大阪・和歌山に展開する「青木松風庵」の人気商品です。

北海道産いんげん⾖「⼤⼿亡」と「⽩⾦時」の2種類の⾖をオリジナルブレンドした⽩餡。

その中にミルクの⾵味豊かな練乳と北海道産バターをたっぷり⼊れてしっとり焼き上げた、なめらかな優しい味わいのみるく饅頭。

個人的な感想になりますが、一度食べた感想を。

洋と和が調和したつくりは両者よく似ているのですが、味や食感はやはり違います。

“クリーミーさ” の部分では、通りもんがずば抜けている感じがします。

言葉は悪いですが、通りもんの餡のクリーミーさは “ねっとり” に近い食感。

皮も相当しっとりしていて、餡と一体化している感じです。

その通りもんと比べると、月化粧は皮は皮、餡は餡。

全体的なバランスで見ても、どちらかというとお饅頭感を感じました。

私の言葉ではなかなか上手にお伝え出来ないので、原材料を比較してみます。


《原材料(通りもん)》

白生餡(隠元豆)(国内製造)、砂糖、小麦粉、バター、マルトース、卵、水飴、加糖練乳、脱脂粉乳、生クリーム、蜂蜜/トレハロース、膨張剤、香料、(一部に乳成分・小麦・卵を含む)


《原材料(月化粧)》

いんげん豆、砂糖、練乳、小麦粉、バター、卵、水飴、還元水飴、蜂蜜、粉乳、米飴、トレハロース、膨張剤



非常によく似た原材料ですが、通りもんにあって月化粧にないのが「生クリーム」

通りもんの特徴である、餡の濃厚さ&なめらかさ。

この生クリームの有無が、両者の味や食感の違いをよく象徴しているような気がしました。

通りもんよりもう少しあっさりがお好みの方には、ぴったりな商品です
(※個人の感想です)

そして、こんなことを調べているうちに、もっと似ているものはないかと色々探してしまった私。。笑

通りもんに似ているという口コミがある全国のお土産物を、集めてまとめてみました。

ここからは私もまだ食べたことがないので、ご参考程度にご覧下さい。



【​​北海道あんみるく(Kコンフェクト)​​​/北海道】​





北海道土産として有名なミルククッキー「札幌農学校」などで有名なきのとやの関連会社、「Kコンフェクト」

そのKコンフェクトから生まれたのが、『北海道あんみるく』

北海道産の練乳を使用した、たっぷりの“ミルクあん”が特徴です。
​​​ちなみに、味違いで『ちょこみるく』もあります。


《原材料(北海道あんみるく)》

乳菓あん(砂糖、大手亡豆、加糖練乳、バター、その他)(国内製造)、菓子用粉(小麦粉、でん粉)、小麦粉、液卵、砂糖、バター、加糖練乳、乳等を主要原料とする食品、はちみつ/膨張剤、トレハロース、香料、着色料(V.B2)、(一部に乳成分・小麦・卵を含む)



【​​みるく饅頭(タルトタタン)​​​/ 岩手】​


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タルトタタンのミルクまんじゅう 10個 送料込
価格:2300円(税込、送料無料) (2021/5/22時点)




「タルトタタン」は岩手県盛岡市八幡町に本店がある、アップルパイのお店。​
そんなタルトタタンの『ミルクまんじゅう』は、練乳を使用したミルク感たっぷりな餡を生地で包み込み、しっとりと焼き上げたおまんじゅうです。


《原材料(ミルクまんじゅう)》
生あん、砂糖、小麦粉、バター、加糖れん乳、マルトオリゴ糖、乳等を主要原料とする食品、卵、加糖卵黄、はちみつ、トレハロース、膨張剤、香料、重曹、着色料(V.B₂)、(原材料の一部に大豆を含む)



【​​お焦げの香りミルクまんじゅう(常太郎)​​​/ 福井】​


福井県坂井市に本社がある、「西洋菓子倶楽部」

その焼菓子のひとつが、『常太郎』

福井県産のコシヒカリを使用した、お焦げの香りのするミルクまんじゅうです。


《原材料(常太郎)》

生あん、牛乳、砂糖、小麦粉、加糖れん乳、バター、マルトース、鶏卵、水飴、もち米粉、米粉、脱脂粉乳、生クリーム、はちみつ、グルコマンナンペースト、イソマルトオリゴ糖、アーモンド、発酵調味料、製菓ペースト、乾燥あん、粉末やまいも/トレハロース、膨張剤、ゲル化剤(キサンタン)、香料、環状オリゴ糖、(一部に小麦・卵・乳成分・アーモンド・やまいもを含む)



【​​夢みるく(雅心苑)​​​/ 静岡】​


静岡県で展開する、「雅心苑(がしんえん)」

その雅心苑の人気No.2が、『夢みるく』

新鮮な丹那牛乳をたっぷり使った焼き饅頭です。


《原材料(夢みるく)》

小麦粉、白餡、フラワーペースト(糖類、植物油脂、牛乳)、砂糖、加糖練乳、鶏卵、バター、牛乳、水飴、蜂蜜、全粉乳、植物油脂



【​​かぶきもん(茜丸)​​​/ 大阪】​


関西では、どらやきなどで有名な「茜丸」

そんな茜丸の、『みるく饅頭かぶきもん』。​​

開発に5年以上かけたという、ミルクとバターのコクが堪能できる濃厚ミルクあんと、しっとり柔らかな生地のみるく饅頭です。


《原材料(かぶきもん)》

砂糖、いんげん豆、乳等を主要原料とする食品、小麦粉、バター、還元水飴、加糖卵黄、加糖練乳、水飴、全卵、蜂蜜、キャラメルパウダー加工品/トレハロース、膨張剤、香料、着色料(カラメル)、(一部に小麦・乳成分・卵・大豆を含む)

​​

ここまでは、スタンダードな形。

つづいて、ここからは “味違い” のミルク饅頭です。



【​​金沢みるく饅頭(ふらん・どーる)​​​/ 石川】​


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪ふらん・どーる≫金沢みるく饅頭 じわまん10個入
価格:1512円(税込、送料別) (2021/5/22時点)




石川県金沢市にある、「ふらん・どーる」

ふらん・どーるの『金沢みるく饅頭』は2種類。

みるく風味の生地に石川県の食材を包み込んでしっとり焼き上げた、こだわりの洋風まんじゅうです。


《原材料(金沢みるく饅頭)》

能登のあずき:白生餡、砂糖、小麦粉、能登大納言あずき、マーガリン、鶏卵、乳等主原料とする食品(大豆含む)、加糖練乳、水飴、はちみつ/膨張剤、香料
五郎島のさつまいも:さつまいもペースト、白生餡、砂糖、小麦粉、マーガリン、水飴、鶏卵、乳等主原料とする食品(大豆含む)、加糖練乳、はちみつ/ベニコウジ色素膨張剤、香料
​​


【​​大阪ゆずミルク文ら(ル・ピノー)​​​/ 大阪】​

大阪北堀江にあるスイーツ店、「ル・ピノー」

そのル・ピノーの、『大阪ゆずミルク文ら』
大阪箕面産の柚子の爽やかさと、バターとミルクの香りが口いっぱいに広がる、口どけの優しいミルク菓子です。


《原材料(ゆずミルク文ら)》

いんげん豆、砂糖、小麦粉、卵、バター、麦芽糖、トレハロース、生クリーム、練乳、粉乳、水飴、蜂蜜、ゆず、もち米、山芋、増粘多糖類、膨張剤、香料



【​​露誉(お茶村)​​​/ 福岡】​

福岡県八女市にある、「お茶村」

​神仙桑抹茶シリーズが有名なお茶村のミルク饅頭は、『露誉(つゆほまれ)』。​
玉露や高級煎茶で知られる上質な八女の抹茶を、生地にも餡にもふんだんに練り込んだお饅頭です。


《原材料(露誉)》

抹茶ミルク餡(白生餡、水飴、砂糖、マーガリン、加糖練乳、抹茶、桑葉粉末、加糖卵黄)、小麦粉、砂糖、卵、マーガリン加糖練乳、脱脂粉乳、蜂蜜、抹茶、桑葉粉末/トレハロース、ソルビトール、膨張剤、香料、(一部に小麦、卵、乳成分、大豆を含む)



【​​歴史と文学の道(お菓子のうめだ)​​​/ 大分】​

大分県佐伯市にある、「お菓子のうめだ」

お菓子のうめだのみるく饅頭は、『歴史と文学の道』

北海道産白小豆(大手亡豆)を自家製餡。

吟醸白あんに、地元宇佐産の小豆・卵・塩を合わせたお饅頭です。


《原材料(歴史と文学の道)》​​
大手亡(北海道産)・砂糖・乳製品・小麦粉・還元澱粉糖化物・卵(佐伯産)・植物性油脂・小豆(佐伯産)・蜂蜜・水飴・トレハロース・乳等を主原料とする品・塩(佐伯産)・重曹・BP・麦芽糖・寒天



【​​沖縄うらら(エーデルワイス沖縄)​​​/ 沖縄】​


有名洋菓子店「アンテノール」「ヴィタメール」などのブランドと同じ、エーデルワイスグループのひとつの「エーデルワイス沖縄」

沖縄らしいみるく饅頭は、『沖縄うらら』
​​
太陽の恵みがつまった紅芋の味わいと、ミルクのコクを優しく包んだ紅芋みるく饅頭です。


《原材料(沖縄うらら)》

紅芋ペースト、小麦粉、砂糖、卵、バター、水飴、加糖練乳、加工乳、無糖練乳、乳等を主要原料とする食品、はちみつ、レモン果汁、寒天加工品/膨張剤、香料、酸味料、クチナシ色素、(一部に小麦・卵・乳成分を含む)



こうして見ると、ひとことで “みるく饅頭” といっても奥が深いですね。

まだまだ気になるものがありますが、長くなりそうなので少しずつ追記していきます。

「全国のお土産そっくりさんシリーズ」も、萩の月(仙台)・阿闍梨餅(京都)に続き、今回で3つめ。



DSC_6786



こちらもまたシリーズ拡大できたらと思います。

よろしければ、引き続きお付き合い下さい



もしよろしければ、「拍手」や「コメント」お願い致します。

日々の励みになります


☆旅行・おうちごはん・健康のことなど、日記ブログも書いています。よろしければ、ご覧下さい。

 ~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に